運動神経が最もよく発達する4歳から10歳前後の幼少期をゴールデンエイジと呼びます。  複雑な動きも「即座の習得」が可能になる神経系発達の完成期です。 体を動かすことが好きになり、一流アスリートへのスタートを切るには最適です。
  神経は小学生のうちに完成する
10歳前後を機に、バランス感覚や手足の協調性などをつかさどるといわれる小脳が出来上がり、神経系の成長はこの時期にほぼ大人と同レベルまで成長します。
  運動神経がいいとは?
運動能力に関しての遺伝的要素はほとんどありません。運動神経の良さは後天的要素が高く、少年期に発達する神経系と直結する能力に関わります
  幼少期の貯金が大きくなってものをいう
この時期に神経系トレーニングを優先させるのは、神経系がよく発達する時期というだけでなく、長い人生の中でこの時期にしか発達しない期間限定のトレーニングになるためです。